松本市の美味しいグルメ!食べておきたい名物とおすすめのお土産は?




国宝松本城を中心とした、旧城下町である長野県松本市。
観光地としては有名ですし、2019年11月13日に旧開智学校校舎が
国宝に指定されましたね。

その為か観光に来てくれる方も増え、地元民といたしましては
とても嬉しい限りです。さて、やはり観光となりますと
欠かせないのがグルメとおみやげですね。

信州と言えばだれもが思いつくのは、やはりお蕎麦では
ないでしょうか?長野県のそばの収穫量は北海道に
次ぐ全国第2位。

市内にはたくさんのお蕎麦屋さんがあります。麺の太さや
つゆの味など千差万別なので好きなお店を見つけて頂きたいです。
しかし、実は駅そばのお蕎麦も美味しいので、食べて頂きたい。

さて、かなり話しが反れてしまいましたが、信州松本は
名物はお蕎麦だけでは、もちろんありませんよ。
他にも色々な名物があります。美味しいものがあります。

今回は皆さんが松本に来て頂いた時に、食べてほしい
名物をいくつかご紹介したと思います。更にいくつかの
おすすめのお土産もご紹介します。

最近ではテレビ等でも紹介される事も多くなったので
名前を見て、これは聞いた事があると
思うかもしれませんね。

ここに挙げる名物やおすすめは、私の好きな物や是非食べて欲しい物で
内容によっては、ちょっとこれはなぁと思うものがあるかも
しれませんが、そこは許してくださいね?

松本市の食べておきたい名物をご紹介!

名物その1:おやき

小麦粉やそば粉を水で溶いて伸ばした生地に具材を包み
焼いたり蒸したりした郷土食おやき。具材は、あんこや野沢菜
ダイコンやナス等の季節の野菜と本当に様々です。

地元では、食事やおやつとしても食します。おやきは県内全域で
食べられていますが、地域によって焼き方や中身の具材に
特徴があり、松本はどちらかと言えば焼きおやきです。

周りを山に囲まれているので、遠距離を移動する際の
非常食として、より日持ちのいい焼きのおやきに方が
重宝されたと言われています。

確かに遠距離を移動するのなら、蒸すより焼いた方が
日持ちしますし、粉物で更に中身が入ったおやきは
お腹に溜まりますよね。

名物その2:山賊焼き

昭和20~30年代から親しまれている郷土料理の山賊焼き。
ニンニクや生姜を効かせた醤油ベースのたれに鶏のももや胸の
一枚肉を漬け込み、片栗粉をまぶしてさっくりと揚げます。

10年位前から「地元グルメ」としての定着を目指して
市内の居酒屋や食事処。スーパーでも販売されています。
街でものぼりを目にします。

松本駅前のラーメン店でも、山賊焼きをラーメンに乗せて
提供しているお店もあります。お酒の締めとして
食べるサラリーマンのお父さんお兄さんもいます。

ちなみにこの名前である「山賊焼き」ですが
周りを山に囲まれているので、当然ながら昔は山賊が
いたそうで、人から物を取り上げていたそうです。

「人から物を取り上げる」→「取り上げる」→「鶏(を)揚げる」で
山賊焼きだそうです。名前には諸説あると言われていますが
思った方は大声でどうぞ。「ダジャレかよ!!」

名物その3:イナゴ・蜂の子

最近ではテレビでも取り上げられるようになり
「松本の人は虫を食べるんでしょ?」聞かれることも
ある昆虫食は、長野県の伝統食と言われています。

タンパク質の含有量が高く栄養分も豊富と言われ
昔はよく食べられていましたが、近年ではお酒の珍味として
知られています。

今でも小学校や幼稚園の給食で、イナゴの佃煮や蜂の子の
油炒めが出る所はあるようです。

名物その4:赤飯饅頭

赤飯饅頭と聞いて、はて?と思う方が殆どだと思います。
赤飯饅頭とは、文字通りお饅頭の中身がお赤飯なんです。
あんこは入っていません。本当にお赤飯だけ。

お饅頭とお赤飯なんて本当に合うのかしら?と思うでしょう?
これが合うんです。モチモチでほんのりと甘いお赤飯と
ふわふわのお饅頭の皮。これは是非に食べて頂きたい!

赤飯饅頭のルーツですが、その昔、お赤飯はとても贅沢品。
お殿様にバレない様に食べるにはどうしたらと考えた所
饅頭にすれば良いじゃん!と言う事で考案されました。

確かに小豆を砂糖で甘く炊いたものでさえ贅沢なのに
それをもち米と蒸すわけですから、超ド級の贅沢品ですよね。

松本ならではのおすすめお土産をご紹介!

おすすめその1:開運堂「真味糖」

開運堂の「真味糖」は、鬼胡桃と蜂蜜などを使った
和風ヌガーで、上品な甘さと胡桃の触感が堪らないお菓子です。
我が家でも県外の友人のお土産に持っていきます。

お茶やコーヒーに合うのはもちろんですが、この上品な甘さ故に
ブランデーにも合うお菓子でもあるんです。
お茶を嗜む方、お酒を嗜む方、双方に楽しんで頂けるかも。
 
大正中期に考案されたお菓子ですが、発売当初は断面の鬼胡桃が
歌舞伎の隈取化粧に似ていることから「歌舞伎くるみ」という
名前で発売されたそうです。

おすすめその2:飯田屋「あめせんべい」

松本市は毎年1月に「あめ市」が開催され、知る人ぞ知る
飴の聖地です。そんな松本で老舗の飴屋である飯田屋の
看板商品である「あめせんべい」。

粒子の細かい砂糖を使用して、ウエハースのように仕上げた
あめですが、「舐める」というよりは「食べる」あめです。
サクサク触感と口どけが味わえる不思議なお菓子です。

文字通り、ウエハースのように仕上げているので
道中の持ち運びは気を付けて下さいね?割れちゃいますから。
でも、お店の方で梱包材に包んでくれるのでご安心を。

おすすめその3:水城漬物工房「野沢菜(浅漬け)」

信州を代表する漬物と言えば「野沢菜」です。
こちらの水城漬物工房の「野沢菜(浅漬け)」は、長野県産を中心に
全て国産の原料を使用しています。

原料そのものの良さを損なわない製法で、野沢菜本来の
風味や歯ごたえを楽しめる商品となってます。ごはんのお供はもちろん
お酒のも合い、お土産にピッタリです。

松本市のグルメと名物のまとめ

いかがでしたでしょうか?
少しでも名物やグルメ、お土産の参考になってもらえたら
とても嬉しいです。

おすすめのお土産で紹介した「開運堂」ですが
「真味糖」の他にも黒糖を使用したバージョンの「真味糖大島」
ホロホロとした優しい触感の蒸菓子「開運老松」もおすすめ。

名物で紹介した山賊焼きも、お店ごとに調味料の
配合が違ったりするので、食べ歩いて自分のお好みを
見付けてみるのも楽しいです。

先にも言いましたが、お蕎麦は駅そばでも美味しいですが
個人的には、塩尻駅の「そば処桔梗」と松本駅近くの
ホテル飯田屋一階にある「駅そばイイダヤ軒」を推したい!

両店とも「これが駅そば!?」という感じです。
家族みんなこの両店が大好きで、月に1~2回ほど
食べに行く事があります。

そういえば「そば処桔梗」は、日本一狭いかもしれない
駅そば店として、テレビで紹介された事があるらしいです。
確かに改札側から入ると狭いか。

ここには上げる事が出来ませんでしたが、地酒も種類が
様々あるので、そちらも是非あなたに合うものを
探してみて下さい。

それではみなさん、松本にお越しの際は素敵な観光と
美味しいグルメ等を楽しんで下さいね。




ABOUTこの記事をかいた人

GAROE

人生で心の底からやりたい仕事やライフスタイルにチャレンジが出来ないまま、忙しい毎日に流されて、いつか人生を変えたいと真剣に思い悩んでいる方の夢をサポートします!