魔の2歳児?2歳のかわいいところも知りたい!〜女の子編〜




「魔の2歳児」。
そんなことばを聞くと、不安になりますよね。

私も妊娠中から、不安で心配でした。

まだ産んでもいないのに、イヤイヤ期をどう乗り越えようか、ネットを漁ったりして…。

イヤイヤ期と呼ばれる、自我のめばえが出てくるのが、ちょうど2歳ごろ。

我が子もその時期ですが、朝起きてから夜寝るまで、びっくりなほど気に入らないことがあれば泣きわめきます。

家だけでなく、スーパーなど出先でも、どこでも座り込んだり寝転がって泣きわめくので困りますよね。

お母さんは24時間相手をして、心身共に疲れ切ってしまいます。

もちろん、子どもにもイライラしますよ。

お母さんも人間なんですもん。

でも、困ったことばっかりかと言うと、もちろんそうじゃないんですよね。

イヤイヤの印象が強いので、フォーカスしにくいんですが、かわいいところもとっても多いのが2歳児!

赤ちゃんのころとはちがい、できることがたくさんになってきた2歳。

今日はイヤイヤするところは置いておいて、
かわいい部分だけに、注目したいと思います!

憎たらしいだけじゃない!天使の2歳児

ちょっとずつことばが出る!

ことばの話し始めは、ほんっとうに個人差が大きいです。
それでも2歳を迎えると、なにかカンタンなことばを話す子どもが多いですね。

まだまだはっきり話せないのが、またまたかわいいところ。

我が子もおしゃべりは他の子に比べて苦手です。

それでも、ご飯中「おいしいー」なんて言ってくれれば、きゅんとしちゃいますね。

はじめて「ママ」「パパ」と呼んでもらえて、感動したかたも多いのでは?

髪型をいろいろ楽しめる!

2歳になって、ずいぶんと髪の毛が伸びてきた、という子どもが多いです。

我が子も、生まれてから1歳までほとんど髪の毛がありませんでしたが、2歳を迎える頃には肩を越すまで伸びました。

すると、髪の毛のアレンジが楽しめるんですよね。

三つ編みや編み込みにチャレンジしてみたり、お団子にしたり…。

最近はくるりんぱもできるくらい髪の量も増えたので、毎朝アレンジが楽しいです。

表情がほんっとに豊か!

生後3ヶ月ごろから、赤ちゃんはニコニコするようになります。

それだけでもうれしかったのですが、2歳になるとぐっと表情のバリエーションが増えるんです。

喜怒哀楽も、いろいろ出てきました。

ほかの子と遊ぶとやきもちを妬いた顔をしたり。

積み木を積めなくてくやしがったり。

ニコニコ以外にも、いろんな表情を見せてくれるようになりました。

いたずらが見つかっちゃって、ニヤニヤしていることも多々ありますけどね…。

今しかない!2歳児のかわいいところは?

フリフリの服も嫌がらず着てくれる!

赤ちゃんのときは髪が短くて、あまり似合ってなかったフリフリの服。

2歳になると、髪も背も伸びるので、フリフリの服も似合うようになりました。

なにより、まだ服に対して興味がないので、嫌がったりしないのがいい!
(とくに喜んでもいないんですが…)

これがもう少し発語が進んでくると、服にもこだわりが出てきちゃうんですよね。

着せ替え人形のように、今のうちに好きな服を着せています。

一生懸命にご飯を食べる!

2歳って、まだまだ上手にスプーンやおはしを使えないんですよね。

我が子もフォークもまだヘタなのに、おはしを持ちたがります。
ご飯の時間は楽しくしたいので、おはしを持たせます。

もちろん、ほとんどは手掴みで食べています。

これがとっても一生懸命なんですよね。

おでこにまでご飯粒をつけながら、なんとかおはしを使おうとしてみたり…。

こんなに一生懸命になって食べるのも、今だからこそ楽しめますよね。

どこで見ているの?大人のマネ

とくに教えたわけでもないのに、大人のマネをするんですよね。

おままごとをしている娘を見ていました。
すると、「シャッシャー」と言いながら、調味料をかけるマネをするんですね。

「どこで覚えたの?!」とかなりびっくりしました。

ほかにも、ブラシで髪を整えようとしてみたり、スマホをスワイプしてみたり…。

ちょっと大人のマネをしてみたい…。
なんだかかわいいですよね。

2歳児は今しかないかわいさが味わえる時期!

「2歳児」と聞くと、いまでは「イヤイヤ期」を連想するかたが多いです。

もちろん、とっても大変な時期ですよー。
毎日朝起きてすぐに、気に入らないことがあったら寝転んで泣き叫ばれるんですから…。

でも、少し前では2歳児は「かわいい盛り」とイメージするかたの方が多かったんですよね。

自我が芽生えて自分の意思を伝えようとする時期。
ことばも出てくる子もいるので、よりかわいさもアップしますよね。

ことばが出なくても、ちょっとずつ大人の言っていることがわかるようになります。

「これ、ゴミ箱にポイしてきて」と言えば、できる子もいます。

意思疎通ができるようになれば、赤ちゃんのときとはちがったかわいさが出てくるんです。

髪の毛をくくってあげて、「かわいー!」と鏡を見せてあげれば、うれしいような照れたような笑顔を見せてくれます。

背が伸びて着られる服も増えてくれば、おしゃれをしたり、リンクコーデをするのも楽しくなります。

そんなまだまだ小さな子が、一丁前に大人のマネをするんです。

「ジュージュー」と言いながら、フライパンのおもちゃで遊んでみたり、スマホを耳に当てて「はい」と電話をとるマネをしてみたり…。

今だけのかわいさ。
ぜひそのかわいさにも目を向けたいですね。




ABOUTこの記事をかいた人

GAROE

人生で心の底からやりたい仕事やライフスタイルにチャレンジが出来ないまま、忙しい毎日に流されて、いつか人生を変えたいと真剣に思い悩んでいる方の夢をサポートします!