卓球のドライブ・オーバーミスしてしまう原因と対策




ドライブは卓球に欠かせない技術になります。

トップ選手の試合を見ているとやはりドライブが上手いです。

ドライブの技術があることによりボールが山なりに飛んでいくためにミスが少なくなるからである。逆に言えばミスが少なくなるはずのドライブをミスばかりしていては結果として試合に勝つことは難しくなります。

ドライブが決まると爽快ですし、
見ている方もドライブが決まったり
引き合いになっていたりすると盛り上がります。

ですが、
ドライブが安定して打てるようになるまでって
卓球を始めたばかりの方からすると、
かなり難しいって思いますよね?

練習しても練習しても
うまい人みたいにドライブが入らず
悩んでいる人も多いと思われます。

ドライブがなかなか上達しない理由の1つには、
そもそもドライブの打ち方が良く分からない
ということが大きいはずなんです。

なんとなく、
ドライブっぽい打ち方はしているけど、
しっかりドライブの打ち方を頭で理解して
練習を続けていないと良いドライブを
身につけるということはできません。

そのため、ドライブがうまくなるためのコツと練習方法を書いていきたいと思います。記事を見てその後の練習に取り組んでいきましょう。

自分も過去はドライブが上手くありませんでしたが練習方法とコツを意識することによりドライブが上達しました。

確実にできるように頑張りましょう!!

卓球のドライブがオーバーミスしてしまう原因

ドライブの打ち方がよくない

まずドライブを打つ場合に意識してほしいポイントからお伝えしていきます。

1、下半身に溜めをつくる

2、体全体の力を活かす

3、腰の回転を意識しながらラケットを鋭く振り抜く

こちらができていなかったり、意識をしていないとオーバーミスの原因になります。

ミスをしたらできていなかったところを意識せて修正していきましょう!

ラケットに力が入っている

 ドライブだけでなく基本打ちの時もそうですが力を抜いて打つことが基本です。

力が入ってしまうのは試合で緊張したり、思い切ってきめようとしたりするとちからが入ってしまいます。

力が入ることによりラケットがしっかりとした振りができずミス、または余計な力が入りオーバーミスしてしまうこともあります。

ラケットの角度がボールの回転に対して合ってない

ドライブがオーバーする原因でありボールの回転に対して合ってないことはよくあります。

上回転のボールに対してラケットが縦気味だったり、振りが遅れてラケット角度を合わせられないなどでオーバーしてしまいます。

逆に下回転を持ち上げようとしてオーバーすることもあります。

卓球のドライブがオーバーしないための対策

下半身を意識して練習、試合に取り組む

ドライブをオーバーミスを減らすには、下半身を意識することです。

下半身を意識することにより、自然と右足に重心がいき、よりドライブが安定して入ります。

練習中もドライブがオーバーしたときに下半身を意識して修正していくといいでしょう!

 ラケットは卵を持つ感覚で握る

この意味ですがラケットは力が入らないようにするための対策です。

卵を力強く握れば割れますよね!

なので!

卵を持つ感覚でラケットを握れば力が入りません!

また卵を持つ感覚で7~8割の力でドライブを打てばオーバーミスの確立は減ります。

ぜひ練習してみましょう!

とにかく練習して感覚を掴む

2点の対策を記載しまいした。

そしたらそれを意識して練習することです。

練習方法はドライブ対ブロック、三球目攻撃、カット打ち、引き合いです。

この練習を行いながら意識して練習していくことが大事です。

練習の積み重ねにより、ドライブの感覚を掴めるようになり試合でも勝てるようになります!

ドライブのオーバーミスのまとめ

今回はドライブのオーバーミスの原因と対策をまとめてみました。

いかがでしたでしょうか?

ドライブのオーバーミスが多い方で当てはまるとこあるはずだと思います。

卓球だけにあてはまる話ではなく、何に取り組むにしてもやはり基本は大事ですよね。

その基本の技術をどれだけ高められるかが試合の勝ち負けを左右する要素だと思います

ドライブのオーバーミスで基本を意識してなかったことによることで自滅の試合に終わってしまうこともあります。自分で勝手にミスをしていつの間にか点差が開いて、いつの間にか負けてる。試合終わって、あれ?ってなりますね。

強烈なドライブで点を取っても1点、凡ミスも同じ1点です。1点の重みをしっかり意識して自滅タイプにならないようにしていきましょう!

もし試合でドライブのおーバーミスが続いて勝ちを逃しているという方はとても多くいます。自分もそうでした。試合をしてドライブミスが続いた場合はに1度立ち止まってみて基本を見直してみるというのはいかがでしょうか。

また練習中、試合中もドライブの基本を意識していき、オーバーミスしたときも原因を考え意識していくことによりドライブが上達していきます。

頑張っていきましょう!




ABOUTこの記事をかいた人

GAROE

人生で心の底からやりたい仕事やライフスタイルにチャレンジが出来ないまま、忙しい毎日に流されて、いつか人生を変えたいと真剣に思い悩んでいる方の夢をサポートします!