パワハラしてきた上司を診断書で追い込んで別の系列に飛ばした話




入社して教育係についた上司はとても気分屋でした。
ヘラヘラしている時もあるかと思ったら、いきなり不機嫌になって「早く用意しろ!」「なんでこんな簡単なことができないんだよ!」と怒鳴ってくることがよくありました。

それは女性従業員や私のような格下な人間のみのときに対してだけで、上司のさらに上司が目の前にいる時などは全くパワハラはしてきませんでした。

だんだんパワハラにもなれてきて私も動じなくなってきたら余計イライラさせたのかなんなのか物に当たるようになり、ゴミ箱を蹴っ飛ばしたりしてくるのでそのゴミ箱をそっと片付けると「俺が当たっただけなのになんだその態度は!!」と意味不明な言動で怒ってくるのでこの人絶対やばいとは頭では思ってはいましたが、怖いので逆らわないようになるべく静かに過ごしていました。

そうなるともう仕事が上司のせいで手につかなく、どうやったら上司が怒鳴ってこないように仕事をうまく回せるかなど上司のご機嫌伺いをするようになりました。 

なので上司がご機嫌なら仕事はうまくいってる、機嫌が悪く怒鳴りだしたら私はなんてダメなんだと自分自身を責めるようになり、だんだん職場にいると吐き気とめまいがするようになってきました。

他の同僚もすごくパワハラ被害に遭っていた

なんであの上司はあんな風にパワハラしてきたんだろう

その当時は全く知らなかったのですが、あとあと同僚になんであの上司はあんな風にパワハラしてきたんだろうねなんて話していると同僚曰く、以前上司は教師として高校などで勤務していたそうなんです。

その高校の職場で女子生徒の校則違反の肌着を校門の皆んながいる前で無理やり脱がせたそうなんですが、そのときに何も悪いことはしていない!校則違反の女子生徒が悪い!と騒いでクビになったそうです。

格下のくせに盾突きやがって

そのあと親戚などの紹介でこの職場に来たそうなのですが、教師時代の事件のせいか自分を陥れたのは女が大騒ぎしたから、格下のくせに盾突きやがってと私怨を私たちにまぜこぜにしてぶつけてきたのかなと思います。

上司が指示してきたことに質問しても黙ってお前らはやってればいいんだ!俺が正しい!と切れることもよくありましたので。

自分の思い通りに八つ当たり

あと私だけでなくもちろん他の同僚もすごくパワハラ被害に遭っていたようですが気の強いの同僚数人は怒鳴られた瞬間に直接上司の直属の上司に言いに行くぞ!とブチ切れたら睨んでくるだけで何もしてこなくなったそうなので、静かで文句一つ言わない人なら自分の思い通りに八つ当たりできるちょうどいいサンドバッグとして使われていたのかなと思います。

精神的な理由での吐き気で鬱病と診断

上司さえ消えてくれれば

上司からパワハラを受け続けて毎日めまいはするし吐き気がすごかったです。

仕事はその上司さえいなければとても楽しく同僚も優しいしいい職場でした。給料も立地条件も何もかもが良くてただ、上司さえ消えてくれればどうにかなるのにと毎日考えていました。

そんなある日またいつものように上司が「だからこうだって言ってんだろ!!!脳みそ腐ってんのかお前!!」と怒鳴り散らしてきました。

めまい吐き気で声になりません。

いつもなら「申し訳ありません。」で終わらせるのに今回はめまい吐き気で声になりません。

「聞いてんのか!おい!」と肩を叩かれた瞬間、振り返って盛大に吐瀉物を撒き散らしてしまいました。

周りで見てた同僚たちは後ずさりしながらも救急車を呼んでくれたので病院に運んでもらい点滴を打ち、精神的な理由での吐き気で鬱病と診断されました。

診断書を書きますのでそれをもって上司のさらに上司にもっていきなさい

医師になんでそんな風になったのかと聞かれたので今までの上司のしてきたパワハラ好意を早口でバーっと伝えると、医師が「診断書を書きますのでそれをもって上司のさらに上司にもっていきなさい」と助言してくれました。

大の大人が嘔吐した恥ずかしさが会社に久々に出勤して今更込み上げてきましたが診断書を上司のさらに上に提出。もともと私が吐いた理由をまわりの同僚から聞いていた上は「すまなかった。」と上司を別の系列に飛ばしたことを伝えてくれました。

パワハラ体験談のまとめ

パワハラ被害に今回生まれて初めてあった私ですが、何も上司に対して反論せずビクビクしながら体調が悪くなってきてもひたすら仕事をしていました。

もっと私が強気なら上司が私に対してあんな高圧的な態度をとることもなかったのかなと思う時期もありますが、パワハラ被害にあってる最中にそんなことに気づくのはなかなか難しいですよね。

パワハラ被害はいきなりの通り魔みたいなものだと思います。向こうがいきなりパワハラをぶつけてくるので被害者は防ぎようがないです。

でも、それはパワハラ被害者のせいではないし、しもしかしてパワハラかもと悩むようになったり体調が悪くなってきた時点ですぐだれかパワハラをしてくる人より偉い人に相談してください。一人で抱え込まないでください。

少しでも体調が悪くなってきたらすぐに病院で診断書を書いてもらってください。精神的な理由での病院受診はちょっと勇気がいるかもしれません。最近精神科も1ヶ月以上待ちのところが多いです。

でも診断してもらって診断書を書いて貰えばすぐ会社に提出しなくてもお守りがわりにもっているだけでも違うと思います。

今パワハラ被害にあわれている方々がもう2度とパワハラ被害にあわないように願っています。




ABOUTこの記事をかいた人

GAROE

人生で心の底からやりたい仕事やライフスタイルにチャレンジが出来ないまま、忙しい毎日に流されて、いつか人生を変えたいと真剣に思い悩んでいる方の夢をサポートします!